黄昏流星群 54

黄昏流星群 54 (たそがれりゅうせいぐん054) / 弘兼憲史
内容紹介
僕の一目惚れでした。 無口な彼女と、たくさん話をしました。 彼女は、毎日僕の帰りを待っていてくれました。 食欲のない彼女のぶんも、 一緒に冷やし中華を食べました。 歩かない彼女を助手席に乗せて、 海を見に行きました。 僕が死んだら、一緒に棺に入る約束をしました。 いいことのなかった50年の人生で、 初めての幸せでした。 色が白くて優しくて、彼女は、彼女は――― 愛したひとは、人形でした。 ラブドールとの純愛を描いて大反響を読んだ 表題作『星田一夫さんの幸福』のほか、 母の介護に追われる女性が出会う奇跡『虚星の真実』、 冴えないロートル漫画家の不思議体験『虚星の真実』 の計3篇を収録!

シリーズ作品