黄昏流星群 63

黄昏流星群 63 (たそがれりゅうせいぐん063) / 弘兼憲史
内容紹介
消えた元恋人を追って…究極の謎解き愛! ピザ職人の西脇は、独身の53歳。 昔、突然音信不通になったきりの恋人・須磨若子を 忘れられずにいる。 30年の時を経て彼は偶然、若子に瓜二つな双子の妹・貴子と出会う。 彼女から「姉は卒業旅行先のオーストラリアで行方不明になった」と 告げられる。 さらに、西脇と貴子には、繰り返し見る共通の“悪夢”があった。 満点の星空と、巨大な怪獣のようなシルエット―― ふたりは、かすかな手がかりを頼りにオーストラリアの地へ 須磨若子を探す旅に…! 点と点は繋がり、線になるのか!? 謎が謎を呼ぶ数奇な運命共同体の結末は――!? 大スケールの表題作[夢の星空]のほか、 リストラを妻に隠してタクシー運転手をする男の、 “ネトラレ”から始まる人生逆転劇[星影のソナタ]、 今のご時世にぴったりの“マスク美女”ホラー[星空怪談]の 全3編を収録。 「やり直したい」何かを抱くすべての大人へ捧ぐ、 人生の転換点が凝縮された一冊です!

シリーズ作品