黄昏流星群 13

黄昏流星群 13 (たそがれりゅうせいぐん013) / 弘兼 憲史
内容紹介
35年連れ添った夫・大造が亡くなる5日前にふと発した「ありがとう、小鴨さん」という言葉。大造の亡き後、妻・光子は、名前に聞き覚えのないその人物がだれなのか、ずっと引っかかっていた。そんなある日、光子は息子に勧められるまま、ひとりで京都へ旅することに…。

シリーズ作品