修羅の刻 陸奥圓明流外伝(17)

修羅の刻 陸奥圓明流外伝(17) (しゅらのときむつえんめいりゅうがいでん017) / 川原正敏
内容紹介
刻は昭和。不思議な運命によって巡りあった三人の若者。業はあれど、心に「修羅」を持たぬ現(うつつ)。「修羅」なれど、心臓に欠陥を抱える静流(しずる)。そして「修羅」と戦う事を求める、ケンシン・マエダ。陸奥の里で、束の間の幸せな時間を過ごす彼らの元に、一人の男が戻ってくる。再び激しく動き出す物語、その結末は――。

シリーズ作品