修羅の刻 陸奥圓明流外伝(10)

講談社 春のマンガまつり対象商品
修羅の刻 陸奥圓明流外伝(10) (しゅらのときむつえんめいりゅうがいでん010) / 川原正敏
内容紹介
熊野(くまの)水軍の加勢を得た義経(よしつね)は、平家と最後の決戦をすべく、壇ノ浦(だんのうら)へと船を進める。そして陸奥鬼一(むつ・きいち)は、勇将・教経(のりつね)と相見える。1185年3月24日、義経の悲願が、ここにはたされようとしていた……。およそ900ページからなるシリーズ最長・最高作『源義経編』、遂に完結!!

シリーズ作品