空手小公子 小日向海流(8)

完結
空手小公子 小日向海流(8) (からてしょうこうしこひなたみのる008) / 馬場康誌
内容紹介
最強のバイオレンス空手=鏑木(かぶらぎ)流空手全国大会、激闘予選トーナメント!! 軽量級には、嶺南(れいなん)大学第二空手部から、小日向(こひなた)、間宮(まみや)が参戦。学内では親友として研鑽(けんさん)を積む仲だが、今日の間宮からは“非情の優勝宣言”が飛び出した!! そして「たかがタレント」と見くびられていたリュウ・オオスギも、上段廻し蹴りによるパーフェクトな“一本”勝利! ただならぬ実力が、拮抗(きっこう)する――!

シリーズ作品