空手小公子 小日向海流(36)

完結
空手小公子 小日向海流(36) (からてしょうこうしこひなたみのる036) / 馬場康誌
内容紹介
中量級日本一への近道、ワンデイトーナメント・GENESISついに決勝戦――。決勝ステージに上がったのは、鏑木(かぶらぎ)流空手同門の南と小日向(こひなた)!! 大会前の約束どおり、優勝をかけて拳を交えようとする二人。ともに空手道を歩んだ先輩と後輩が、それぞれの想いを胸にリングへ上がる……。運命のゴング、激突スタート。小日向は、南の真のチカラを見る!!

シリーズ作品