ましろのおと(13)

ましろのおと(13) (ましろのおと013) / 羅川真里茂
内容紹介
日比谷の三味線全国大会、大本命・田沼総一(たぬま・そういち)が他の追随をまったく許さない完璧な演奏で会場を圧倒する。誰もが田沼の作った空気を破れない中でやってきた大河の出番。幼き日の挫折、女将に拾われて紡いできた竹の華での時間、そして雪(せつ)との出会い……13年振りの大会で見せる大河の音とは!? そして舞台は日本一を決める最大の大会・弘前津軽三味線全国大会へ。雪、総一、清流(せいりゅう)の3人がついにぶつかる!!

シリーズ作品