太平記(二) 楠木正成 千早の巻【ゴマブックス】

太平記(二) 楠木正成 千早の巻【ゴマブックス】 (たいへいき002くすのきまさしげちはやのまき) / 横山まさみち
内容紹介
源平合戦、元寇の後に訪れた武士による治世――――――。 しかし、そこでもたらされた平和はそう長くは続かなかった。楠木正成、足利尊氏、 新田義貞……時代は英雄を渇望していた。 歴史漫画の巨匠・横山まさみちが描く『太平記』、そして英雄たちの生きざまを描く! 稀代の忠臣・楠木正成の後半生を描く2巻。千早城での敗戦で九死に一生を得た正成は 不死鳥のごとく蘇り、朝廷のために奮闘、新田、足利軍とともに鎌倉幕府を追い詰める! 目次 第一帖 死の唐櫃 第二帖 児島高徳 第三帖 正成再挙 第四帖 吉野に散る 第五帖 千早城攻防戦 第六帖 北条氏滅亡 第七帖 建武の新政 第八帖 足利謀叛 第九帖 血戦湊川

シリーズ作品