雪花の虎 6

雪花の虎 6 (ゆきばなのとら006) / 東村アキコ
内容紹介
妹を守る。それが兄の“戦国”だった―― 天二十一年(一五五二年)、 穏やかに一年の始まりを祝う景虎たち。 戦乱が絶えぬ中、束の間の休息と思われたが、 武田晴信(後の信玄)の軍師、山本勘助がはなった「草」が越後に潜入… その陰は、隠居中の景虎の兄・晴景の周辺にも忍び寄る。 病弱、戦嫌い、家族想い。 時代と立場を誤り、生まれてきてしまった心優しい人。 景虎を女城主とし、陰ながら支えた彼にも、 歴史に記されなかった戦いがあった。 さらに、景虎に助けを求め、 関東から招かれざる客がやってくる。 いざ、新たな戦いへ―― 東村アキコが描く本気の大河ロマン。 女・上杉謙信一代記、第6集!

シリーズ作品