双亡亭壊すべし 8

双亡亭壊すべし 8 (そうぼうていこわすべし008) / 藤田和日郎
内容紹介
屋敷の主・坂巻泥努の壮絶な半生とは…!? 昭和七年、五月十五日。 双亡亭に部下と踏み込んだ黄ノ下残花は、 泥努と邂逅し彼の描いた「絵」に引き込まれた。 幼馴染みである泥努と残花の 壮絶な過去、そして絶望とは!? 一方、屋敷に巣喰う侵略者達が緑朗に接触。 少女の姿で、泥努との”因縁”を語り始め… 知れば知るほど深まる屋敷の恐怖に、 立ち向かう術はあるのか…!?

シリーズ作品