双亡亭壊すべし 24

双亡亭壊すべし 24 (そうぼうていこわすべし024) / 藤田和日郎
内容紹介
二人の絵描き。雌雄を決するは、必然か―― 大切な者のため、帰黒と残花は命を懸けた。 その想いを胸に、“しの”に立ち向かう青一。 自らの感情と向き合い揺れる泥努。 役割を担う者達が 必死に成し遂げた所業は、 少しずつ事態を好転させていく…… ……かに見えた。 急転直下、凧葉と泥努を襲う運命の皮肉。 決壊する心。溢れ出る憎悪。 この絶望は、最早避けては通れない。 破壊劇は、雌雄を決する最終戦へ…!!

シリーズ作品