ボクとわたしの10年恋 分冊版(16)

最終巻
完結
ボクとわたしの10年恋 分冊版(16) (ぼくとわたしのじゅうねんこいぶんさつばん016) / うさ沢妹子
内容紹介
幼なじみで恋をした10歳の透と15歳の渚。渚が透に別れを告げてから数年、高校生になった透と大学生になった渚は、教育実習で再会する。お互いの気持ちを確認した二人は、今度こそ一緒にいられる道を探そうとするが、そこに透の母がやってきて、二人に離れるように告げる。10年にわたる二人の恋、ついに完結――!【第12話「渚22歳、透16歳(後編)」を収録】

シリーズ作品