天穹は遥か−景月伝− 2

天穹は遥か−景月伝− 2 (てんきゅうははるかけいげつでん002) / 倉田三ノ路
内容紹介
悠遠(ゆうえん)の昔、数か国に分裂した「中原の地」…その中の一国「瞬」では、隣国「唐」から輿入した妃の私兵団・唐一党が専横を振るい、治安が悪化していた。舜王の落胤である少女・景月は、自らの血を知らぬまま唐一党に命を狙われるが、辺境の地で護衛業「「ヒョウ局(※ヒョウはかねへんに票)」の一員となり、雌伏の日々を送る。だが追跡の手は緩むこと無く―― 中国大衆文芸研究の第一人者、早稲田大学教授・岡崎由美氏も絶賛! 待望の第2集!!

シリーズ作品