当て屋の椿(16)

当て屋の椿(16) (あてやのつばき016) / 川下寛次
内容紹介
“殺したのも殺されたのも「次郎」という名の男達”――不可思議な連続殺人の発生に、役人達、そして椿達も慌ただしい。一方で謎の男が長屋を訪ね、口にしたのは“緊縛の女郎”の噂。心当たりがある様子の侘助は、独りで…?累計100万部超の大江戸ミステリー、待望の最新刊!

シリーズ作品