月を目指す、星になる 下

最終巻
完結
月を目指す、星になる 下 (つきをめざすほしになる002) / 中陸なか
内容紹介
「お前、ほんとはどうしたいの?」 湊辺のおかげもあり、ピアノを弾くことに前向きになっていた響。しかし、そんな彼の下に東京から音楽講師の飛騨野がやってくる。響の演奏を聞いた飛騨野は、響の甘い考えを見透かすように、「ピアニストとしてやっていく覚悟があるのか」と問うのだった。響は自分の甘さを恥じながら、縋るように湊辺の体を求め、ピアニストになる夢を諦めるような物言いをする。湊辺はその様子を心配そうに見つめながらも、以前のように励ますことが出来なかった。そんな中、響の出場するコンクールの予選が始まる。響の覚悟が決まった時、湊辺も“あること”を決意しており――……。数年後の二人の姿も収めた「感動の物語」、完結。 【同時収録】ユアリーカ

シリーズ作品