憑き神とぼんぼん 2巻

完結
憑き神とぼんぼん 2巻 (つきがみとぼんぼん02かん) / 著者:硝音あや
内容紹介
描いた絵が“おばけ"となって現れ出ずる――。 そんな不思議な力に悩まされる絵師・ウタは、己に憑いた神・月(ツキ)と江戸の片隅で暮らしていた。ある日、ウタは濡れ衣で江戸城に連行されてしまう。ウタの前に現れた将軍は、ウタのことを「弟」と呼び――!?  これはとある"ぼんぼん”と神様との物語。

シリーズ作品