自殺保育園 子を亡くした女

最終巻
完結
自殺保育園 子を亡くした女 (じさつほいくえんこをなくしたおんな) / 宮城朗子
内容紹介
まだ2歳半だった息子が死んだのは一瞬の出来事だった。そして夫とも離婚。両親を早くに亡くし、親戚をたらい回しにされてきた「なずな」にとって、息子の翼(つばさ)は全てだった。翼のいない人生など考えられない、…だから私は今日死にます…。死に場所を求め、昔住んでいた町にやってきたなずなは、ひょんなことからある、古びた保育園に迷い込む。目を輝かせて走り回る天使のような子供たちを見ると、心が締め付けられる。翼を思い出してしまう。早く天国の翼に会いに行こう…と、その時、なずなの人生を変える出会いが――。生と死の間で揺れる母性の葛藤を感動の筆致で描く傑作ヒューマンドラマ!

シリーズ作品