極貧者の犯罪 横領シングルマザー

最終巻
完結
極貧者の犯罪 横領シングルマザー (ごくひんしゃのはんざいおうりょうしんぐるまざー) / 美紗登
内容紹介
「どうせ捨てられる商品なんだ、盗んで金儲けしよう」と極貧主婦のさくら(32)に悪魔な同僚が囁く――。離婚し、女手一つで息子を育てるさくらの収入はスーパーのパート代のみ。今日も食卓にはもやしと納豆だけ。成長期の息子にひもじい思いをさせ、給食費も満足に払えないみじめな生活。そんな時、勤め先で大量に処分される期限切れの商品を闇で売ってしまおうと持ち掛けてくる同僚の沼袋(ぬまぶくろ)…。初めは躊躇するさくらだったが、思わぬ臨時収入に段々と違法ビジネスにのめり込んでいってしまい…、そして物語は予想外の結末に! 格差社会の暗部を写し取るサスペンス長編!

シリーズ作品