ブラ婚 : 6

ブラ婚 : 6 (ぶらこん006) / 著者:蘭子
内容紹介
「兄弟との婚約話を無しにするなら、すずを東京に置いておく意味がない――」 故郷で幼き日の記憶を思い出して、ほんのりと気持ちを自覚し始めたすずだったが、父親からの言葉で、会社を辞め、東京の家も引き払い、三重の実家に戻ろうとしていた。しかし、それがなぜか佐藤家に居候することに!? もちろん、すぐに「うん」と頷く彼女でもなく――。それぞれの思惑が絡み合う、ドキドキの同居編スタート!!

シリーズ作品