地獄堂霊界通信(12)

講談社 春のマンガまつり対象商品
地獄堂霊界通信(12) (じごくどうれいかいつうしん012) / みもり/香月日輪(原作)
内容紹介
てつし、リョーチン、椎名……。中学生も恐れをなすワルガキ三人組、人呼んで「イタズラ大王三人悪」。三人が薬屋“地獄堂”ののれんをくぐったとき、異界への扉が開かれた! 謎のおやじに“力”をもらった三人悪は、上院町の怪異に次々と遭遇。事件を通して、この世の様々な不思議や人の想いの複雑さを受け入れ、一歩一歩、成長してゆく――。 神降ろしの「器」となる拝(おがみ)を狙った西ノ院一派。その背後にいたのは、三人悪にとって因縁深い最凶のアイツだった──! この世界を守るため、子供たちは命を懸けて巨大な敵に立ち向かう……。大スペクタクル「最後の戦い」編は、想像を超えるクライマックスを迎える──! 大好評ファンタジック・ホラー、ファーストシーズン完結巻!!

シリーズ作品