刻刻(8)

最終巻
完結
講談社 春のマンガまつり対象商品
刻刻(8) (こっこく008) / 堀尾省太
内容紹介
貴文(たかふみ)の奇襲で、致命傷を負ったかに見えた佐河(さがわ)。しかし身体の多くを失いながら、彼はまだ人間として生きていた。神ノ離忍(カヌリニ)の力を借り、凶器と化した佐河の身体が、樹里(じゅり)たちに牙を剥く。異形のモノが跋扈する、時が止まった世界。長きにわたる戦いの行方は――!?

シリーズ作品