少年ノート Days of Evanescence(7)

少年ノート Days of Evanescence(7) (しょうねんのーとでいずおぶえばねっせんす007) / 鎌谷悠希
内容紹介
河海(かわみ)東中2年・町屋翠(まちや・みどり)。全国大会という最高の舞台で傷を負った彼女は、今までのように「歌をうたう人になりたい」という自分の想いと無邪気に向き合うことができなくなっていた。苦しみながら、かつて「歌」に出会わせてくれた人の言葉の中に希望を見つけようともがく町屋。しかしそれは、合唱部にとって辛すぎる別れへとつながっていく――。

シリーズ作品