カムイ伝全集 第二部

カムイ伝全集 第二部 1 (かむいでんぜんしゅうだいにぶ001) / 白土三平(作)

シリーズ作品

カムイ伝全集 第二部 3 (かむいでんぜんしゅうだいにぶ003)
カムイ伝全集 第二部 3
▼第1章/佐渡守〔二〕(五百棲[いらず]ヶ原)▼第2章/念者〔一〕(謀反/旗本奴/道無/親子/恋敵/春一番/念者)▼第3章/念者〔二〕(流氷/学芸試合) ●主な登場人物/草加竜之進(武家社会に疑問を持つ、元日置領次席家老の子。行きがかり上、笹一角を名乗る)、錦丹波(幕府直轄地・日置領代官)、鞘香(丹波の娘)、加代(鞘香と親しくなった農民の娘)、望月佐渡守(権謀術数に長けた猿投沢城主)、冬木道無(ナゾの町医者)、アヤメ(道無の娘。竜之進に恋心を寄せる)、宮城音弥(貧乏御家人の子から青山美濃守の小姓になった美少年) ●あらすじ/行方知れずとなった娘・鞘香の探索の協力を得るため、隣領の城主・望月佐渡守のもとを訪れた錦丹波。これに快く応じた佐渡守は、日置山系の奥深くにある原生林「五百棲ヶ原」に迷い込んだのではないかと述べ、さらに見せたい物があると言って2つの箱を並べる。そのころ鞘香と加代は、冬の樹海の中を助け合い、なんとか生き延びていたが…[佐渡守〔二〕(五百棲ヶ原)]。 ●本巻の特徴/娘の鞘香は行方不明、嫡男の源之助は放蕩三昧…と、江戸へ戻っても錦丹波の苦悩は深い。一方、流浪の果てに江戸へたどり着いた笹一角(竜之進)は、町医者・冬木のもとに身を寄せるが、冬木の娘・アヤメが人を殺すところを目撃して…!?
カムイ伝全集 第二部 4 (かむいでんぜんしゅうだいにぶ004)
カムイ伝全集 第二部 4
▼第1章/無宿溜(スラム)〔一〕(杖突き/笹毛/夕雲[せきうん]/靄[もや]/人質/異変/帯刀/北町奉行/確執)▼第2章/無宿溜(スラム)〔二〕(常念寺/野望/建白書/罠/偸盗[とうとう]) ●主な登場人物/カムイ(夙谷の非人から天才的忍者に。現在は抜忍として逃亡の日々)、草加竜之進(武家社会に疑問を持つ、元日置領次席家老の子。行きがかり上、笹一角を名乗る)、宮城音弥(貧乏御家人の子から青山美濃守の小姓になった美少年) ●あらすじ/無宿溜に身を寄せ、人足の現場監督として働く笹一角(竜之進)。あるとき、彼を慕う堀田正俊や宮城音弥、冬木道無らが、偶然同時に一角の住む小屋を訪ねてきた。一角が不在だったため、面々は酒を飲んで待つことになるが、肴を買うため声をかけた行商人は、なんと旗本奴・錦源之助の変わり果てた姿で…[無宿溜〔一〕(杖突き)]。 ●本巻の特徴/四代将軍家綱の身辺で、次々と起こる奇怪な事件! 一方、無宿溜に腰を落ち着けた笹一角(草加竜之進)は、住人たちとともに、新たな町づくりを目指す。だがある日、その溜は一夜にして無惨に破壊されてしまう! その裏には、恐るべき謀略が渦巻いていた――!! ●その他の登場人物/冬木道無(腕の確かな町医者)、アヤメ(道無の娘。竜之進に恋心を寄せる)、堀田正俊(若いが剛直・聡明で、気弱な将軍を守り、酒井の専横に憤る)、酒井忠清(老中筆頭。下馬将軍といわれるほどの権力を持つ)、堀田上野介正信(佐倉十一万石城主。正俊の兄。武辺一筋の直情型)
カムイ伝全集 第二部 5 (かむいでんぜんしゅうだいにぶ005)
カムイ伝全集 第二部 5
▼第1章/無宿溜(スラム)〔三〕(旅立ち/地引き網)▼第2章/野望〔一〕(葛衆/納屋集落/外川浦/椿湖) ●主な登場人物/カムイ(夙谷の非人から天才的忍者に。現在は抜忍として逃亡の日々)、草加竜之進(武家社会に疑問を持つ、元日置領次席家老の子。行きがかり上、笹一角を名乗る)、宮城音弥(貧乏御家人の子から青山美濃守の小姓になった美少年) ●あらすじ/無宿溜を追い出された牢人たちを扇動し、目障りな将軍側衆・堀田正俊の失脚を狙った老中筆頭・酒井忠清。だがそのもくろみは、竜之進や冬木父娘の活躍によって阻止された。その後、溜の住人達は豪商・河村瑞賢の計らいで蔵普請人足の仕事を得て、また竜之進ら牢人衆は、九十九里の漁師だった男・房州に同行して新天地を目指すことに…[無宿溜〔一〕(旅立ち)]。 ●本巻の特徴/新天地の九十九里を目指す途中、刺客の一団に襲われた笹一角(草加竜之進)たち! 影で糸を引く黒幕の正体は? さらに無事、房総の漁村にたどり着いた竜之進とカムイは、外川の地で思いがけない人物との劇的再会を果たす――!! ●その他の登場人物/冬木道無(腕の確かな町医者)、アヤメ(道無の娘。竜之進に恋心を寄せる)、堀田正俊(若いが剛直・聡明で、気弱な将軍を守り、酒井の専横に憤る)、酒井忠清(老中筆頭。下馬将軍といわれるほどの権力を持つ)、堀田上野介正信(佐倉十一万石城主。正俊の兄。武辺一筋の直情型)
カムイ伝全集 第二部 6 (かむいでんぜんしゅうだいにぶ006)
カムイ伝全集 第二部 6
▼第1章/野望〔二〕(下馬将軍/放鷹/中根忍び/桜下三学の舞/済松寺/泥亀)▼第2章/野望〔三〕(帝鑑の間) ●主な登場人物/宮城音弥(貧乏御家人の子から青山美濃守の小姓になった美少年)、カムイ(夙谷の非人から天才的忍者に。現在は抜忍として逃亡の日々)、草加竜之進(武家社会に疑問を持つ、元日置領次席家老の子。行きがかり上、笹一角を名乗る) ●あらすじ/四代将軍・家綱の剣術嫌いを直すため、堀田正俊の口ききで殿中に上がることになった宮城音弥。身分の違いを越え、友人同士のような関係になった家綱と音弥は、この日も奥の間で将棋をさし、さらに堀端へ出かけて釣りを楽しむ。音弥の指南もあって上々の釣果を上げた家綱はその晩、上機嫌で宴会を開き…[野望〔二〕(下馬将軍)]。 ●本巻の特徴/堀田正俊の計らいで、将軍・家綱の剣法の相手に抜擢された宮城音弥は、家綱のお気に入りの存在となる。同時に、柳生に師事し、剣の腕前も飛躍的に上達していく。一方、腹黒い野望を抱く老中筆頭の酒井忠清は、次の策謀を実行すべく、着々とその準備を進めていた――!! ●その他の登場人物/酒井忠清(老中筆頭。下馬将軍といわれる権力者)、堀田正俊(若いが剛直・聡明で、酒井の専横に憤る)、堀田上野介正信(佐倉11万石城主。正俊の兄。武辺一筋)、木村助九郎(柳生道場高弟。音弥の天分を見抜く)、徳川家綱(四代将軍。病弱)、松平伊豆守・阿部忠秋(ともに老中。先代からの幕府重臣)、中根正盛(前将軍直属隠密集団の首魁。幽仙と号して隠居を装う)
カムイ伝全集 第二部 7 (かむいでんぜんしゅうだいにぶ007)
カムイ伝全集 第二部 7
▼第1章/野望〔四〕(別式女[べっしきめ]/海跡湖)▼第2章/佐倉十一万石〔一〕▼第3章/佐倉十一万石〔二〕(十文字霞くずし/再会)▼第4章/佐倉十一万石〔三〕(秋風) ●主な登場人物/宮城音弥(貧乏御家人の子から青山美濃守の小姓になった美少年)、カムイ(夙谷の非人から天才的忍者に。現在は抜忍として逃亡の日々)、草加竜之進(武家社会に疑問を持つ、元日置領次席家老の子。行きがかり上、笹一角を名乗る) ●あらすじ/閉門中の堀田正俊からの密書を持って、老中・阿部忠秋の屋敷を訪れた音弥とサブ(カムイ)。だが面会を断られたため、やむなく2人は屋敷で小火騒ぎを起こし、混乱にまぎれて侵入するという行動に出た。そして強引に忠秋と面会した音弥は、正俊が突然閉門になった理由と、急病で面会謝絶となった将軍についての状況を尋ねるが…[野望〔二〕(別式女)]。 ●本巻の特徴/幕府の実権を握ろうとする酒井忠清の策謀により、絶対的窮地に陥った堀田正信、正俊の兄弟! 将軍・家綱もまた、床に伏してしまう。彼らを救い、忠清の野望を暴こうと立ち上がったのは、宮城音弥、柳生の高弟・木村助九郎、そしてカムイであった!! ●その他の登場人物/酒井忠清(老中筆頭。下馬将軍といわれる権力者)、堀田正俊(若いが剛直・聡明で、酒井の専横に憤る)、堀田上野介正信(佐倉11万石城主。正俊の兄。武辺一筋)、木村助九郎(柳生道場高弟。音弥の天分を見抜く)、徳川家綱(四代将軍。病弱)、松平伊豆守・阿部忠秋(ともに老中。先代からの幕府重臣)、中根正盛(前将軍直属隠密集団の首魁。幽仙と号して隠居を装う)
カムイ伝全集 第二部 8 (かむいでんぜんしゅうだいにぶ008)
カムイ伝全集 第二部 8
▼第1章/佐倉十一万石〔四〕▼第2章/不知火〔一〕(椿屋敷/罠)▼第3章/不知火〔二〕(罠/犬笛/拷問) ●主な登場人物/カムイ(夙谷の非人から天才的忍者に。現在は抜忍として逃亡の日々)、宮城音弥(貧乏御家人の子から青山美濃守の小姓になった美少年)、草加竜之進(武家社会に疑問を持つ、元日置領次席家老の子。行きがかり上、笹一角を名乗る)、正助(日置大一揆を指導した廉で舌を抜かれた元農民。庄左ヱ門と名を改め、土木測量に従事する黒鍬衆頭に) ●あらすじ/正助とともに、印旛沼の調査で佐倉藩に足を踏み入れた竜之進は、番衆小頭の荒木田朱門との真剣試合に臨む羽目に。だが、荒木田は酒井忠清の息のかかった密偵であった! 一方、窮地に追い詰められ、国元へ帰った佐倉藩主・堀田正信は、籠城を決意。幕府に対して臨戦態勢に入るが…[佐倉十一万石〔四〕]。 ●本巻の特徴/竜之進らの説得により正信が籠城を思いとどまったため、堀田一族は改易を免れた。だが、堀田潰しに失敗した酒井は、矛先を北町奉行・石谷十蔵に向けた。不知火党首魁・冬木道無の娘・アヤメを捕らえ、不知火党をおびき出そうとするが…? ●その他の登場人物/酒井忠清(老中筆頭。下馬将軍といわれる権力者)、堀田正俊(若いが剛直・聡明で、酒井の専横に憤る)、堀田上野介正信(佐倉11万石城主。正俊の兄。武辺一筋)、冬木道無(腕の確かな医者だが、実は義賊・不知火党の首魁)、アヤメ(道無の娘。竜之進に恋している)、石谷十蔵(名高き江戸北町奉行)
カムイ伝全集 第二部 9 (かむいでんぜんしゅうだいにぶ009)
カムイ伝全集 第二部 9
▼第1章/不知火〔三〕(島原の乱/処刑)▼第2章/不知火〔四〕(処刑/決着)▼第3章/丹波崩し〔一〕(旅立ち) ●主な登場人物/カムイ(夙谷の非人から天才的忍者に。現在は抜忍として逃亡の日々)、宮城音弥(貧乏御家人の子から青山美濃守の小姓になった美少年)、草加竜之進(武家社会に疑問を持つ、元日置領次席家老の子。行きがかり上、笹一角を名乗る)、正助(日置大一揆を指導した廉で舌を抜かれた元農民。庄左ヱ門と名を改め、土木測量に従事する黒鍬衆頭に) ●あらすじ/酒井忠清の密偵・猪狩芸州の手により捕らわれの身となったアヤメを奪還しようと、不知火党と北町奉行・石谷十蔵の壮絶な駆け引きの幕が切って落とされる! だが、不知火党首魁・冬木道無と石谷の間には、数十年前に遡る深い因縁があって…[不知火〔三〕]。 ●本巻の特徴/冬木道無と石谷十蔵の因縁――それは、寛永14(1637)年の島原天草の乱に遡る。当時、非人として切支丹を処刑する側にいた道無だったが、切支丹の娘・幸をかくまったことから長崎へ逃亡、出島で異国人から外科手術を学ぶことになる。だが、まもなく起きた乱に加わった道無は、鎮圧隊の副特使だった石谷に、幸との間に生まれた子供を殺されて…。 ●その他の登場人物/酒井忠清(老中筆頭。下馬将軍といわれる権力者)、冬木道無(腕の確かな医者だが、実は義賊・不知火党の首魁)、アヤメ(道無の娘。竜之進に恋している)、石谷十蔵(名高き江戸北町奉行)
カムイ伝全集 第二部 10 (かむいでんぜんしゅうだいにぶ010)
カムイ伝全集 第二部 10
▼第1章/丹波崩し〔二〕(掻掘/別れ/再会)▼第2章/丹波崩し〔三〕(夜鷹/転身/竹間沢/共鳴り) ●主な登場人物/カムイ(夙谷の非人から天才的忍者に。現在は抜忍として逃亡の日々)、宮城音弥(貧乏御家人の子から青山美濃守の小姓になった美少年)、草加竜之進(武家社会に疑問を持つ、元日置領次席家老の子。行きがかり上、笹一角を名乗る)、正助(日置大一揆を指導した廉で舌を抜かれた元農民。庄左ヱ門と名を改め、土木測量に従事する黒鍬衆頭に) ●あらすじ/行方不明だった錦丹波の娘・鞘香が、薬漬けにされ廃人同様の姿で日置へ連れ戻されてきた。アヤメ・竜之進らの看病で、次第に回復に向かう鞘香…。一方、丹波のもとには望月佐渡守らが訪れ、日置領の年貢米五百石を財政難にあえぐ望月藩のために貸してほしいと懇願してきて…(「丹波崩し(二)」)。 ●本巻の特徴/錦丹波と鞘香が、老中筆頭・酒井忠清を後ろ盾とする望月佐渡守の罠により、捕らわれて江戸送りに!! 酒井家の奥勤めの身となっていた加代の嘆願で処刑を免れ、放免されたふたりだが…? ●その他の登場人物/酒井忠清(老中筆頭。下馬将軍といわれる権力者)、望月佐渡守(猿投沢城主。一万石だが酒井の陰の参謀で、権謀術数に長ける)、錦丹波(日置領代官。以前は農民を弾圧したが、その後善政に転じる)、鞘香(丹波の娘。行方不明の後、精神錯乱の状態で発見された)、加代(花巻村農民の娘。鞘香と友人になるが、二人して行方不明に)、冬木道無(腕の確かな医者だが、実は義賊・不知火党の首魁)、アヤメ(道無の娘。竜之進の妻)、堀田正俊(幕府奏者番。気弱な将軍を守り、酒井の専横に対決)、苔丸(=スダレ。日置領内の百姓影組頭)、竹間沢(日置領竹間沢村庄屋)
カムイ伝全集 第二部 11 (かむいでんぜんしゅうだいにぶ011)
カムイ伝全集 第二部 11
▼第1章/歯ッ欠け〔一〕(喜太郎小屋)▼第2章/歯ッ欠け〔二〕(喜太郎小屋/隠山/土鬼/山師/狩り/死闘) ●主な登場人物/カムイ(夙谷の非人から天才的忍者に。現在は抜忍として逃亡の日々)、宮城音弥(貧乏御家人の子から青山美濃守の小姓になった美少年)、草加竜之進(武家社会に疑問を持つ、元日置領次席家老の子。行きがかり上、笹一角を名乗る)、正助(日置大一揆を指導した廉で舌を抜かれた元農民。庄左ヱ門と名を改め、土木測量に従事する黒鍬衆頭に) ●あらすじ/大場出羽守が、実子・ドド丸のために異国人から入手した子供用ラッパ。そのラッパを管理する役目を仰せつかった家臣の小堀伝兵衛だが、ある日、ラッパで遊んでいたドド丸が手放したすきに、カラスに取られてしまう事件が起きた。責任を取って伝兵衛は切腹し、長男はラッパを探しに当てもない旅へ出る。それから半年後、憔悴して行き倒れた彼を、谷地湯の湯番・喜太郎が助けるのだが…[歯ッ欠け〔一〕]。 ●本巻の特徴/日置領・谷地湯。ここに一軒のさびれた湯宿がある。宿を管理する喜太郎は、歯ッ欠け率いる猿の群れを餌付けし、金塊を持って来させることに成功。ひそかに一攫千金を夢見る喜太郎のもとを、ある日、カムイとその甥・一太郎が訪れて…!? ●その他の登場人物/望月佐渡守(猿投沢城主。一万石だが酒井の陰の参謀で、権謀術数に長ける)、竹間沢(日置領竹間沢村庄屋)、一太郎(カムイの姉・ナナと正助の子。幼くして女忍サエサにさらわれ、殺し屋になるが、カムイに救われる)、苔丸(=スダレ。日置領内の百姓影組頭)、市兵衛(=市。港町・五代木の両替商・大文字屋番頭を称しているが、正体は不明)、アヤメ(竜之進の妻)、ナギラ(腕の良い猟師。十年来、白狼の毛皮を狙っている)、喜太郎(日置火山帯の鉱泉にある谷地湯で湯宿を営む男。猿を手なずけ、金塊を集めることに執心)、歯ッ欠け(日置領風鳴りの谷の猿群の中で、かつて実力第4位のボス猿。長耳に敗れ、その座を追われるも復帰を狙う)、ダルマ(第一ボス猿)、キズ(第二ボス猿だった)、チョンマゲ(はねっ返りの若猿だが、第二ボス猿に)、アバタ(第三ボス猿)、ハゲ(第四ボス猿だったが、下位に転落)、長耳(日置領内の谷地に住む猿群の新ボス猿)、白狼(日置一帯の狼群のボス。幼い頃にカムイと出会っている)、洋犬(巨大で獰猛な犬)
カムイ伝全集 第二部 12 (かむいでんぜんしゅうだいにぶ012)
カムイ伝全集 第二部 12
▼第1章/犬戯け(再会/石打/犬神/逆流れ/異変/跡目/別離) ●主な登場人物/カムイ(夙谷の非人から天才的忍者に。現在は抜忍として逃亡の日々)、草加竜之進(武家社会に疑問を持つ、元日置領次席家老の子。行きがかり上、笹一角を名乗る) ●あらすじ/病床に伏していた藩主・望月常陸守が重病に陥り、嫡子・国松も病弱のため、存亡の危機に見舞われていた望月藩七万石。そこに目を付けた旅の破戒行者3人組は、巧みな幻術を用いて藩主の側室・小夜の方(国松の母)を操り、領内で「生類殺生禁止の令」を出させ、領民を混乱に陥れるが…!?[犬戯け]。 ●本巻の特徴/単行本未収録の140枚に大幅加筆、そしてラストを新たに描き下ろし! 初めてここに「第二部」が完結!! ●その他の登場人物/望月佐渡守(猿投沢城主。一万石だが酒井の陰の参謀で、権謀術数に長ける)、望月常陸守(佐渡守の兄。望月七万石藩主)、団織部之助(常陸守、佐渡守の乳兄弟。佐渡守の野望を阻止すべく活動する)、小夜(常陸守の側室。国松の母)、国松(常陸守の嫡子)、一太郎(カムイの姉・ナナと正助の子。幼くして女忍サエサにさらわれ、殺し屋になるが、カムイに救われる)、苔丸(=スダレ。日置領内の百姓影組頭)、ナギラ(腕の良い猟師。十年来、白狼の毛皮を狙っている)、歯ッ欠け(日置城跡猿群のボス。人間から手に入れた鉄製の義手とラッパが武器)、白狼(日置一帯の狼群のボス。幼い頃にカムイと出会っている)、グレートデーン犬(日置一帯の犬群のボス。歯ッ欠けを生涯の敵と狙う)