嫌がってるキミが好き

嫌がってるキミが好き 1 (いやがってるきみがすき001) / 鬼山瑞樹

シリーズ作品

嫌がってるキミが好き 2 (いやがってるきみがすき002)
嫌がってるキミが好き 2
若き女性作家が80年代風の絵柄で性的倒錯(パラフィリア)を描く、異色のラブストーリー第2巻。鳥肌とドキドキが止まらない!! 通信制の高校に通う白川みこと。容姿に自信があり自分はイケてると信じているが……周囲は決してそうは思っていない、残念&天然な女子。そんなみことがある日、学校で生まれて初めて「好きです」と告白された。相手の大槻まことは「顔も普通、髪型も変、なんか暗そう」(みこと評)で、全然好みではなかったが、彼氏がいることを女友達に自慢できる…と考え、つき合うことにした。ずっと憧れていた「彼氏がいる私」というシチュエーションに浮かれるみことは、デートしたり、キスしたり、そして初体験……と普通の恋愛のステップを思い描いていた。しかし……!? まことはみことが泣いたり、怒ったり、嫌がってる顔を見ることに興奮するという特殊で異常な性癖の持ち主だった。みことの歪んだ顔を見るために怖い映画を観せたり、お漏らしさせたり、猫のエサを食べさせたり……まことの行為は次第にエスカレートしていく。羞恥や恐怖、苦痛を与えられ嫌いになりつつも、“彼氏持ち”のブランドを手放したくないみことは「気持ち悪い。大キライ。……でも、別れはしないけど…」と関係を続けてしまう。やがて、まことの性癖は少しずつみことの中の“何か”を覚醒させようとしていた……!? 何かと謎の多いまことだが、次第に彼が抱える闇も見え隠れしはじめ……。鳥肌とドキドキが止まらない、蠱惑的&変態的ラブストーリー!!
嫌がってるキミが好き 3 (いやがってるきみがすき003)
嫌がってるキミが好き 3
「こんなに酷いことされてるのに…私……どうしてドキドキしてるんだろ?」「処女は卒業したい。でも…まことくんとキスしただけで吐きそうになるって…やっぱ……初体験なんて無理っ!!!」性癖に刺さる!…と大評判、若き女性作家が80年代風の絵柄で性的倒錯(パラフィリア)を描く異色の恋愛(変愛)コミック、略してイヤキミ、第3巻! 通信制の高校に通う白川みこと。容姿に自信があり自分はイケてると信じているが……周囲は決してそうは思っていない、残念&天然な女子。ある日、みことは大槻まことに生まれて初めて「好きです」と告白された。まことは「顔も普通、髪型も変、なんか暗そう」(みこと評)で、全然好みではなかったが、彼氏がいることを女友達に自慢できる…と考え、つき合うことにした。しかし……!?  まことはみことが泣いたり、怒ったり、嫌がってる顔を見ることに興奮するという特殊で異常な性癖の持ち主だったのだ。そのため、みことは殴られたり、お漏らしさせられたり、猫のエサを食べさせられたり、縛られたり、ゴキブリ責めされたり……。それでも “彼氏持ち”のブランドを手放したくないため「気持ち悪い。大キライ。……でも、別れはしないけど…」と関係を続けてしまう。何かと謎の多いまことだが、次第に彼が抱える闇も見えはじめていた。まことは「お兄さん」と呼ぶ男と二人暮らしをしていたが、それは「元隣のお兄さん」で幼少期から性的虐待を受けていたのだ。一方、みことと偶然知り合ったエリート東大生・安藤秀一も、彼女のお漏らしを目撃してから、急速に心を惹かれるようになっていた。そんな中、つき合っているのに恋人らしいことを何ひとつしていなことに不満を持ったみことは、まこととありえないくらい“衝撃の初体験”をすることに…!? さらに、みことは「お兄さん」や秀一にも加虐的行為をされるうち、自分の中にある快感が萌芽していることに気づきはじめていて……!? 鳥肌とドキドキが止まらない