【BMK】僕の好きな漫画研究室 第12回

【BMK】ボクの好きな漫画研究室
担当メンバー:佐藤匠

TAKUMI SATO
1996年5月11日、北海道生まれ
身長:175cm
特技:マッサージ・1人ミュージカル

【佐藤匠:第4回】「ランウェイで笑って」レビュー (2021/07/01)


BMKの黄色!佐藤匠、たくみんです(^ν^)


さあ!ということで、今回も元気良く!!漫画レビューしていこう!!!


この1、2年コロナウィルス感染拡大防止のために、色んなことが自粛されていますね。


僕はこの活動を始めて5年ほどになるのですが、今まさに、自分がどうなりたいかを考える高校生や大学生にとっては、この自粛期間って夢にとても影響が出てくるのではないかなーと思ってしまうのです。


そんな学生の皆さんにも、そしてすでに夢に向かって走っている最中の皆さんにもお薦めしたいのが、今回紹介する「ランウェイで笑って」です!!


これは、決して恵まれていない家庭環境の中、ファッションデザイナーになりたい男の子と、低身長でありながらモデルを目指す女の子が互いを高め合いながら、パリコレを目指す物語です。


この漫画の魅力は、主人公たちが夢に向かう道のりで出会う、「努力」も「挫折」もまるで他人事には見えないところです。


漫画なのにドラマティックに進ませるだけではない!そこが素晴らしい!!!


服飾の学校に進学したいのにお金が無い上にお母さんが倒れたり、圧倒的才能に心が削られたり、もーー見てるだけで心が痛い。


それでも彼らを一生懸命応援したくなるのは、努力をずっとやめないからだなと感じました。


どんな試練にあっても「なりたい」を止められない。そこがとてもかっこいいんです!!!


この自粛期間で確かに環境はたくさん変わったと思います。たくみんも!めちゃくちゃ変化がありました!だけど、「ランウェイで笑って」を読むと、環境なんかは関係なくて、私は「何になりたいのか。」「何になりたくて走ってるのか。」そんな心を再確認できます!!


とにかく!!夢を追う奴は誰であろうと、みんなかっこいい!!!!!!


みんな!!!一緒にかっこよくなろうぜ!!!


(「オリコンミュージックストア」に移動します)

記事一覧