恋文十色

恋文十色 (こいぶみといろ) / ミナヅキアキラ
内容紹介
僕が大人だったら、ちゃんと続きをしてくれた……?町の小さな書店・純星堂。そこで怪奇書を立ち読みする学生の朝日向は、古くさい着物を身にまとった怪しげな男と店内で出会う。男の名は佐野。職業、小説家――。ぶっきらぼうな佐野に最初は戸惑う朝日向だったが、本当は優しいところや、仕事をしている時の大人でかっこいい佐野を知ると次第に惹かれていき……。――ミナヅキアキラ、5つの恋の短編集。

シリーズ作品