インゴシマ (9)

インゴシマ (9) (いんごしま009) / 著:田中克樹/著:天下雌子
内容紹介
森の庵に暮らすマオモとマイルの元で不思議な共同生活を始めたまんじゅうとサイコ。マイルが「カタキを取る」と誓って手を合わせるのは、かつてガモウから理不尽な死を強要された父親の遺影だった。一方、アキラの洞窟に戻り、偵察から得られた情報を高崎たちに知らせる啓太。加奈と茜は若林とともに生きていた。そして葵も、島の王ガモウの「ヨメ」として命を繋いでいた。赤城はエギの会場で確かに薫子を見たという。その全員を連れ戻すために、立案した作戦を説明する啓太。力を貸して欲しい、必ずみんなで家に帰るんだ――迫りくる刻限が一筋の希望すら押し潰してしまうのか――僅かな可能性にでも賭けるその意志が切り開く時間をこそ明日と呼ぶのか。時とともに流れていく血と運命が綴る、トライバル・サバイバル・ストーリー!

シリーズ作品