ザ・女の難病 ミイラ娘と引きこもり母〜摂食障害の呪縛にとらわれた家〜

ザ・女の難病 ミイラ娘と引きこもり母〜摂食障害の呪縛にとらわれた家〜 (ざおんなのなんびょうみいらむすめとひきこもりははせっしょくしょうがいのじゅばくにとらわれたいえ) / 水城瞳
内容紹介
主婦・安藤明子にとって一人娘の美咲は自慢の存在だった。美人でやさしくて成績優秀で…小学校の頃はひどいイジメに苦しんだものの、その後県下でも有名な中高一貫の進学校に進み、今では明るく楽しそうに日々を送っていた。しかし、一つだけ気になることが…美咲はなんでも美味しそうによく食べるのだが一向に太らず、いやむしろ日増しに痩せ細っているようなのだ。最近、家の中が酸のすえたような臭いがするような気もするし…まさか食べたものをトイレで吐き戻しているのでは…? 摂食障害が疑われたが「私の美咲に限ってそんなことあるはずない!」と明子には受け入れられるものではなかった。が、美咲のみならず、明子自身も、そして夫も…事態は密かに確実に悪いほうへと動きだしていたのだった――。(※本コンテンツは合冊版「私の人生を変えた女の難病Vol.1-(3)」の内容と重複しています。ご注意ください)

シリーズ作品