天堂家物語 (8)

天堂家物語 (8) (てんどうけものがたり008) / 斎藤けん
内容紹介
天堂家現当主の長女・晶から届いた茶会の招待状。母屋の情報を得るため招待を受けようとするらんに対し、雅人は「行かなくていい」と言う。晶とその双子の弟・周の思惑は。らんに双子の魔手が迫る――。※巻末に帯なし、帯付き2種類のカバーを収録。

シリーズ作品