シュルスの魔女(4)

シュルスの魔女(4) (しゅるすのまじょ004) / 小田原みづえ(作画)
内容紹介
魔法が使えない魔女の生き残り・ヴィーは戒魔師の少年・ユーリとともに“人魚探し”の依頼を受けていた。 人魚を巡る争いの中、ヴィーに好意を抱く吸血鬼・シリウスが魔女の術を使い、ヴィーの傷を癒す。 シリウスの正体に疑念を抱いたユーリは、彼を問い詰めるが…。 そんな中、ヴィーは魔女を危険視する教会によって「人間にとって無害である」ことを証明するために異端審問にかけられることになり…。 夢に見るのは幻想か、それとも過去の現実か。 心揺れるロマンティック・ファンタジー、第4巻!

シリーズ作品