ミナミの帝王(155)

ミナミの帝王(155) (みなみのていおう155) / 天王寺大(原作)/郷力也(作画)
内容紹介
【漫画ゴラクの金看板!!! ゼニ漫画ナンバーワン!!!!!】 「一生に一回有るかないかのチャンスなんやあああーーーーーーッ!!」 キャバクラのボーイとして働く 丸山耕平(26歳)は、家賃も滞納しがちで うだつの上がらない生活を送っていた。 ある日、かつて店の先輩だった 新垣純也(32歳)が耕平を訪れる。 “チャンスの前髪”を掴み、 成功を手中に収めていた新垣。 そのビジネスとは、 「休眠宗教法人の転売ビジネス」だった…!! 取引一回で数千万円の利益…!! “宗教法人”で一攫千金の大チャンス!! 『坊主丸儲けの論理』編、ヒートアップ!!

シリーズ作品