美悪の華(11)

完結
美悪の華(11) (びあくのはな011) / 倉科遼(原作)/檜垣憲朗(作画)
内容紹介
九鬼一族から追放された九鬼義和を、自殺を装って殺した氷室。次の標的は一族の次男・義信。氷室はまず義信を悦楽の館へ誘い、移籍問題で干されているアイドル・斉木ゆみを愛人にしたいという義信の願望を叶えることに。斉木ゆみのマネージャー・遠山にはゆみのカムバックを餌に信用させ、芸能界のドン・高須龍興には新レーベル設立の話をして手を組む約束をする。芸能界という舞台で暗躍する氷室は、その天才的頭脳で九鬼義信を葬るべく、さまざまな工作を仕掛けていくのだった。

シリーズ作品