美悪の華(6)

完結
美悪の華(6) (びあくのはな006) / 倉科遼(原作)/檜垣憲朗(作画)
内容紹介
再び麗奈と付き合いだした聖人の目的は、麗奈が通う名門お嬢様大学にいる良家の子女たちと近づくことだった。そして、聖人は麗奈との交際を知り激高した三崎淳子を徳田組に始末させ、ミサキ・ビューティセンターを乗っ取る。しかし、甘粕は強引なやり方で、聖人を三崎淳子殺しの殺人教唆容疑で連行。この状況で聖人に大きな貸しを作ろうと考えた徳田組四代目・金子は、二代目に罪を被らせて自殺を偽装。無事容疑が晴れた聖人だったが、麗奈が疑惑を感じ始め…!?

シリーズ作品