白竜-LEGEND-(12)

完結
白竜-LEGEND-(12) (はくりゅうれじぇんど012) / 天王寺大(原作)/渡辺みちお(作画)
内容紹介
アウトローピカレスク劇画の最高峰・「白竜LEGEND」、早くも12巻の登場。国家権力が全力で白竜を追い込んでいく「日本のヒットラー編」。かつてない強大な敵に狙われ、さしもの白竜も絶体絶命に追い込まれる。過去にない闘いが、遂に決着を見る。常に冷静沈着、“悪魔のようにワル”と言われる男の、最大の危機に注目して欲しい。 そして新章「夢と冒険の王国編」が始動。このシリーズの注目点は、何と言ってもシノギのスケール。東京湾に一大レジャーランドを建設する巨大計画を仕込んだ白竜だが、狙う利益は9000億円!この金額は長い「白竜」の歴史でも最高額だ。巨大利権を巡る暗闘…表と裏の住人が、正に仁義無用の争いを繰り広げる。人間の狡猾な一面が見えるシリーズだ。ズッシリと重厚な劇画が堪能できる12巻、やはり必携の一冊だ。

シリーズ作品