白竜-LEGEND-(10)

完結
白竜-LEGEND-(10) (はくりゅうれじぇんど010) / 天王寺大(原作)/渡辺みちお(作画)
内容紹介
ピカレスク劇画の到達点・「白竜〜LEGEND〜」、早くも10巻の発売。過去最大級の大物ヤクザと渡り合った「虚実の森」編がクライマックスを迎える。相手が誰であろうと、決して態度や姿勢が変わらない。白竜の確固たる信念が感じられるシリーズだ。またテーマが美術界の贋作を取り上げており、白竜の審美眼にも驚かされる。 そして新章「ヒットラーの息子」編が始動。この章では六本木の「地回り」としての白竜。つまり街の夜を守り抜くという一面が垣間見える。ヤクザでありながら地元の人間に慕われる、その理由が分かる章である。何故白竜が周りから恐れられ、尊敬されるのか…この巻を読めば分かると思う。男の様々な魅力が凝縮された一冊。

シリーズ作品