天牌(41)

天牌(41) (てんぱい041) / 来賀友志(原作)/嶺岸信明(作画)
内容紹介
揺るがぬ精神、譲れぬ生き様!! 博徒の宿命は孤独。向かい合う者は皆、敵!! 新宿代打ち決戦、死神を背負う入星祥吾(いりぼし・しょうご)、窮地に陥る……!? 「あいにく俺は、兄弟の前に勝負師として、産み落とされちまった」――。兄・三國健次郎(みくに・けんじろう)、弟・菊多賢治(きくた・けんじ)。歩んだ道が同じならば、激突するは必然――。賭けるものは博奕生命…! 裏社会闘牌戦争、いざ、仁義無き死闘へ――!!

シリーズ作品