天牌(19)

天牌(19) (てんぱい019) / 来賀友志(原作)/嶺岸信明(作画)
内容紹介
前進無き者に明日は無い。立ち止まれば、待つのは負け犬人生。義指を手に入れて麻雀界に復帰した影村遼(かげむら・りょう)が、渋谷中の雀荘を全て締め上げていこうとする伊藤芳一(いとう・よしかず)が、己の牌命を賭して戦う中、沖本瞬(おきもと・しゅん)は模索していた……。「麻雀打ちにとって、成功って何だろう」――。あの人はもう、答えてはくれない。その答えを出すために、瞬は歩き出す…。今、3つの青春、脈動の時!

シリーズ作品