天牌(11)

天牌(11) (てんぱい011) / 来賀友志(原作)/嶺岸信明(作画)
内容紹介
人は出会い、別れ、また出会う…。昨日の敵は友に、今日の友は敵となる…。卓上の戦いに、理由などいらない!! 闘いの前に、友情など語れない!! 「俺の歩んできた道の到達点は、どこなのか…!?」――。残り少ない時間の中で、黒沢義明(くろさわ・よしあき)の行き着く先とは一体…!? そして内なる本能が、沖本瞬(おきもと・しゅん)に問いかける時、新たな時代の幕が上がる!! 選抜学生麻雀大会 元禄杯を舞台にして…今、麻雀戦国時代突入…ッ!!

シリーズ作品