百鬼夜行抄 7巻

百鬼夜行抄 7巻 (ひゃっきやこうしょう7) / 今市子
内容紹介
普通の人には見えない不可思議なものが見えてしまう飯嶋律。彼がさまざまな妖魔と出会うことで展開していく、恐怖とユーモアを絶妙にブレンドした物語。第7巻には、「神の通る道」「待つ人々」「雨がまた呼ぶ」「闇夜行路」「不老の壺」の5編を収録。

シリーズ作品