新竹取物語 1000年女王(1)

新竹取物語 1000年女王(1) (しんたけとりものがたりせんねんじょおう001) / 松本零士
内容紹介
1999年、東京。雨森電子鉄工所の一人息子・雨森始がいつものように学校から帰ってくると、自宅で大爆発が起き、両親を失ってしまう。 自身も爆発に巻き込まれ、病室で目が覚めると、そこには謎の美女の姿が……。 数日後、親戚のおじに引き取られた始は、おじが所長を務める筑波山天文台にて、助手として働く彼女・雪野弥生と再会する。 その頃、地球には謎の惑星が接近し、地球の未来を脅かしつつあった。 暗躍する秘密結社“1000年盗賊”、地底に広がる無人の団地、予測不可能な軌道で迫る惑星“ラーメタル”――! すべての謎の鍵を握る、弥生の正体とは……? 日本の古典『竹取物語』をモチーフに生まれた、美しく優しいヒロイン・雪野弥生と、宇宙に憧れを持つ、ごく普通の中学生・雨森始が活躍する、サスペンスフルSF漫画。 『銀河鉄道999』を手掛けた松本零士が描く、壮大なスペースファンタジーが今、電子書籍で復活する――!!

シリーズ作品