まがいの器 古道具屋奇譚

最終巻
完結
まがいの器 古道具屋奇譚 (まがいのうつわふるどうぐやきたん) / 著:水木由真
内容紹介
古道具が繋ぐ人の絆の物語。 創業者が古道具屋で買った二束三文の壺のせいで会社が倒産。 壺が無価値であると知った息子の二代目社長が 古道具屋に怒鳴り込んできた。 購入した「三千万円の壺」に入っていた価値とは!? 街の片隅にひっそりとたたずむ古道具屋・慈空堂――。 そこに並んだ商品は、全てその客に今、必要なモノである。 古道具が見せる不思議な体験をご堪能あれ!!! 表題作を含む珠玉の短編連作!! ★単行本カバー下イラスト収録★

シリーズ作品