STEINS;GATE 無限遠点のアークライト

最終巻
完結
STEINS;GATE 無限遠点のアークライト (しゅたいんずげーとむげんえんてんのあーくらいと001) / 5pb.×ニトロプラス(原作)/成家慎一郎(漫画)
内容紹介
「あの日、私の彦星さまが復活していれば全ては変わっていたかもしれない―…」 まゆりも、紅莉栖も死なない未知の世界線『シュタインズゲート』へ到達するために過去へ跳んだ岡部が失敗してから1年後。紅莉栖の死を受け入れた岡部は、ラボに近寄らず、普通の大学生として過ごしていた。そんな岡部の変化を寂しく感じていたまゆりは、タイムトラベラーの鈴羽から、未来のまゆりが抱いていた後悔を聞き、ある決意を固めて?

シリーズ作品