BUNGO―ブンゴ― 14

BUNGO―ブンゴ― 14 (ぶんご014) / 二宮裕次
内容紹介
“初めてだぜ――…打席で寒気がしたのは――!!!” Bチーム投手・石浜が窮地の活路として投げたのは前代未聞の魔球、“ど真ん中直球”だった!! 尋常ではない進化を遂げた投球に、球場は困惑と熱狂が渦巻く異様な雰囲気に包まれていく!!! 野田との対決の行方、そして紅白戦の結末は――…!? 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で少年達の情熱が乱れ弾ける――!!

シリーズ作品