同級生だったきみ

同級生だったきみ (どうきゅうせいだったきみ001) / 著者:殻似 コモル
内容紹介
高校生の祐司は、ある目的のため花屋で働く芦川義昭の元に通っている。 義昭には昔、事故で亡くした恋人がおり、月日が経った今でも、線香をあげ続けている。 祐司は新しい恋をしろと言うが、義昭は今もその恋人を想い続けていて――。 青春と死が共鳴する鮮烈な物語。

シリーズ作品