カーニヴァル(21)

カーニヴァル(21) (かーにばる021) / 著者:御巫 桃也
内容紹介
嘉禄の過去の話から、无(ナイ)の中に仁水(ニス)の思考が残っている可能性があると判明した。研案塔へ向かう貳號艇だが輪のショーが開催されることになり、嘉禄や花礫も参加することになる。パレードの最中に怪我人を見つけた花礫が救護に向かうとスリの被害にあったとわかり、喰と共に犯人を捜すことになるが…。様々な想いが交錯する中、物語が大きく動き出す衝撃の21巻――!

シリーズ作品