朝に焼けたメモリー

最終巻
完結
朝に焼けたメモリー (あさにやけためもりー) / 雪狸(著)
内容紹介
その少女には、名前がない。僻地へ届け物をする仕事で生計を立てている。仕事で訪れた荒廃した地区で、その地を再生すべく奮闘しているとある青年に対し、任務をまっとうしようとするのだが……。 汚染された大地の緑地化・住宅地化の再生事業が行われる近未来で、孤独に生きるふたりが踏み出す一歩とは--。少し切なくて、そして、心が優しくほぐれていくような、優しい希望を感じるハートフルファンタジー。 ※作家個人で公開していた漫画作品を電子書籍版として配信。

シリーズ作品