夢でもよし〜君と、夜明けを待つ〜(4)

完結
夢でもよし〜君と、夜明けを待つ〜(4) (ゆめでもよしきみとよあけをまつ004) / アユ・ヤマネ
内容紹介
“言葉はいらない。ただ側にいてほしい。”――転勤で地方支社に来た清崎は、優しくて仕事ができる魅力的な大人の男。だが、忘れることのできない過去を抱えて苦しんでいた。そんなある日、酔って車道に飛び出た彼を救ったのは、定食屋で料理人をしている無口な青年・蒼だった。「死ねなかった…。」つぶやく清崎の意外な一面をみてから、蒼は清崎が気になってしまう。そして蒼もまた、傷を抱えていた。臆病な二人の恋の行方は…?

シリーズ作品