夜に開くはお水の花

夜に開くはお水の花 (よるにひらくはおみずのはな) / 城戸口靜
内容紹介
望は歌舞伎町で働くヘルス嬢。毎日を刹那的に生きていたが、週に2〜3回来ては望の膝で熟睡していく男・高木の事が気になり、徐々に心を開いていく。ところが高木の父親が、望の母の心中相手だった事が分かり望は…(「望、新宿、夜明けまえ」)。舞花は大好きな人を死なせてしまった過去を持つホステス嬢。絶望したまま10年間過ごして来たが、ある日電話が10年前の「あの日」に繋がり…!?(「雨音の奇跡」)。「お水の花道」の原作者・城戸口靜が、必死に生きる女達を描いた短編集。

シリーズ作品