谷岡ヤスジ全集20 ドナンセンチュ

谷岡ヤスジ全集20 ドナンセンチュ (たにおかやすじぜんしゅう20どなんせんちゅ) / 谷岡ヤスジ
内容紹介
谷岡ヤスジが作り出した日本の原風景たる「村(ソン)」。そこで暮らす牛のタロ、農業青年のタゴ、ジッつぁん、馬のアオ、花っぺたち。一見のどかでホノボノしてる田舎ですが、その実、喰うか喰われるかのカコクな生存競争がありまして…。都会からハルバルやって来たバター犬も、T大卒の哲学者ペタシも、セミもキャール(カエル)もガンバってます。【谷岡ヤスジプロフィール】1942年8月29日愛媛県宇和島市生。本名・谷岡泰次(やすつぐ) 。赤塚不二夫と並び、日本ギャグマンガ界の巨匠と云われるマンガ家。1970年、週刊少年マガジンに連載した「ヤスジのメッタメタガキ道講座』で大ブレイク。以後、強烈なキャラクターとストーリーとセリフで、独自の谷岡ワールドを展開。1999年6月14日、逝去。【代表作品】「ヤスジのメッタメタガキ道講座」「ヤスジの任侠道」「ベロベーマン」「アギャキャーマン」「ヤスジのド忠犬ハジ公」「のんびり物語」。 【映像化作品】「谷岡ヤスジのメッタメタガキ道講座」(1971年・三波伸介主演 江崎実生監督)、「ヤスジのポルノラマ やっちまえ!!」(1971年・三輪孝輝/高桑信一郎演出)

シリーズ作品